シミが徐々に濃くなるのはこんな仕組みのせいだった

見た目にも老けてみえてしまうシミの原因の仕組みは、紫外線などによってメラニンの色素が肌に残ることで発生します。
もっとも肌のターンオーバーが正常の状態ならば、肌にメラニン色素が残ることはありません。
けれどもターンオーバーが狂ってしまうとメラニンが排出されず、肌に残ることでシミが発生してしまいます。
しかも出来てしまった後はそう簡単に消えませんし、ケアしているにも関わらず濃くなる場合もあります。

それはケアの方法そのものが間違っていたり、しっかりケアが行き届いていないためです。
まず基本として紫外線予防を実施して生活習慣を見直すことが必要で、それに加えて利用すると便利なのが美白化粧品です。

薬用美白クリーム【フォトシンデレラプラス】にはメラニン抑制の成分が含まれ、出来る前のシミ予防や出来てからのシミ対策にも最適です。

ただし似たような美白コスメでも夜用・朝用とある場合には、夜用のものを昼間に使用することはNGです。
なぜなら夜用はUV効果は薄いので、昼間に使用してしまうとかえって逆効果になりかねないためです。
ちなみに美白コスメを使うことでシミが濃くなるように見えるケースもありますが、これは美白コスメによって肌のトーンが明るくなり、シミになる前のメラニン色素が浮き出ているためなので問題ありません。